年代別の薄毛の悩み

薄毛が気になり始めた50代女性に読んでほしい薄毛対策

50代女性の髪の悩みは、ボリュームがなくなった、おでこが広くなった、頭頂部が薄くなった、分け目が気になるという声が多く上がっています。

悩みは十人十色です。

歳を重ねることにより、若いときよりも髪の悩みが増えてしまいます。

いくつになっても「若くいたい」と思うことは普通です。

しかし、髪の毛が多いと若く見え、薄いと更けて見えてしまいます。

そのためには、薄毛の対策が必要です。

そこで、薄毛の原因と50代から始める薄毛対策をご紹介します。

まだ諦めるのは早いですよ。

 

50代女性の薄毛の原因

生活習慣の乱れやストレス

50代でも、忙しい毎日で食生活や生活習慣の乱れ、会社でも責任がある立場になりストレスが溜まり薄毛になる方もいます。

ストレスや食生活の乱れなどの生活習慣によって、頭皮環境が悪化してしまうことがあります。

頭皮は、髪の毛が生えるための大切な土台となります。

頭皮環境が悪化すると、頭皮が乾燥し固くなり、血行不良を引き起こしてしまいます。

手で頭皮を揉んでみて、硬くなっているようでしたら、血行不良になっている証拠です。

頭皮環境が悪化すると、乾燥だけでなく、皮脂の分泌が過剰になり毛穴に余分な皮脂が詰まることによって、髪に栄養が行き届かなくなり、抜け毛や髪の毛が細くなり薄毛の原因に。

 

女性ホルモンの減少

また、50代の髪が薄くなる原因は、女性ホルモンが関係しているって知っていますか?

女性ホルモンといわれても、普段から目にみえないので、わかりづらいと思います。

薄毛の関係性には、女性ホルモンの「エストロゲン」が深く関わっています。

男性は元々持っている女性ホルモンが少ないのですが、女性も40代から一気に減少するのです。

エストロゲンは、髪の成長や毛周期の成長期期間のキープ、頭皮の血流改善の役割を果たします。

そのため、エストロゲンが減少することにより、髪の毛を作る力も弱まっていくために髪の成長期が短くなり、休止期が長くなることにより髪が痩せ、その結果、抜け毛が増える原因に。

頭皮の毛穴からの本数が減るということは、全体的に髪のボリュームが減ってしまうことにつながります。

また、女性特有の脱毛症の女性型脱毛症の「びまん性脱毛症」も女性ホルモンのエストロゲンが減少することにより引き起こされています。

 

50代女性の薄毛の対策

シャンプーを見直す

まずは、シャンプーとの相性を見直すことも必要です。

現在、市販の安価なシャンプーを使用している人は、育毛シャンプーに変更してみてはいかがでしょうか。

市販されている安価なシャンプーは、洗浄成分がとても強く作られており、頭皮や髪の毛に刺激を与えてしまっている恐れも。

若い時には、安価なシャンプーで良くても、年齢を重ねるごとに髪質や頭皮環境も変わりますので、頭皮へ刺激を与えてしまうことで、薄毛を更に進行させる可能性があります。

 

そこで、おすすめのシャンプーは育毛シャンプーです。

育毛シャンプーは男性用だと認識している方もいますが、現在では、女性用の育毛シャンプーも多く発売されています。

男性用に比べて、女性用は保湿成分の配合量が多くなっている商品が多いことが特徴です。

保湿効果で、髪が潤い、本来の髪の美しさが実感できます。

そして、一般的な育毛シャンプーの主な成分は、「アミノ酸」が配合されています。

アミノ酸配合のシャンプーは、髪の毛や体をつくる成分のタンパク質でできていて、お肌と同じ弱酸性です。

そのため、頭皮が弱い方や炎症が既に炎症が起きている方にも、ご使用していただけます。

育毛シャンプーとありますが、髪が生えるわけではなく、土台の頭皮を優しく洗い、頭皮環境を整える効果が期待できます。

 

生活習慣を見直す

ジャンクフードや野菜不足、そして暴飲暴食ばかりしていると頭皮環境が悪化して、薄毛の原因となります。

薄毛にならない為の対策として、髪に良い栄養素を摂取しましょう。

髪に良い栄養素は「タンパク質」「ビタミン」「亜鉛」といわれています。

ビタミンA、B、C、E、Fは、頭皮の新陳代謝を促進し、血行を良くしてくれる働きがあるため、抜け毛を防ぐ効果もあります。

そのため、これらの栄養素を積極的に摂取することを心掛け、バランスの良い食生活を送りましょう。

 

抜け毛防止効果がある食べ物

・タンパク質→納豆、豆腐、アボカド、バナナなど

・亜鉛→牡蠣、うなぎ、豚肉、たらこ、にぼし、するめ、海藻他

・ビタミン→レバー、マグロ、ナッツ、サバ、うに、卵、豆腐、乳製品他

 

なかなか食事からの摂取が難しい場合は、亜鉛やビタミンはサプリメントがドラッグストアで購入できますので、活用することもおすすめ。

 

漢方薬を活用する

漢方薬は、薄毛だけでなく身体の不調の際にも用いられますよね。

実は、更年期の症状を和らげる目的や、女性の薄毛の治療としてとして漢方が使用されています。

漢方薬局や、病院で処方してもらうことが可能です。

用いられる漢方は、加味逍遥散や温経湯、五積散といった漢方薬です。

漢方薬なので、即効性はありませんが、冷えを治すことで頭皮の血行も良くなり、髪の毛への栄養がいきわたることで薄毛の改善につながります。

 

育毛剤を使用する

現在では女性用の育毛剤も多く発売されています。

育毛剤というと男性用を思い浮かべる方が多いと思いますが、最近では男女共用の育毛剤や、女性用の育毛剤も販売されており、50代女性のヘアケア商品とても人気があります。

TVCMや女性用のファッション雑誌でも特集されていますね。

女性用の育毛剤には、それぞれ有効成分によって効果が違います。

有効成分によって頭皮の保湿効果をメインとしている育毛剤や、頭皮の血行を促進する成分、髪の毛の成長に必要な栄養、炎症を和らげる成分、抜け毛抑制などが様々な成分が配合されています。

特に女性向けの育毛剤は、無香料無着色で天然成分配合されているものが多く、頭皮に優しい育毛剤が多いといえます。

天然成分だけで作られている育毛剤だけでなく、ミノキシジルが配合されている育毛剤もあります。

ミノキシジルは、毛細血管の血流を促進し、毛母細胞を活性化させる効果があります。

そのため、細胞の増殖やタンパク質の合成を促進させ、発毛効果や毛髪の成長を促進させることに繋がります。

男性用と思われがちですが配合量を少なくすれば、女性でも使用可能です。

しかし、医薬品となりますので、使用する際は薬剤師や医師に相談が必要です。

 

女性用育毛剤

ミューノアージュ、ベルタヘアローション、マイナチュレ、カランサ、ケノミカ、髪萌、天使のおまもりフィンジア、ビフォリアなど

 

専門病院による治療を受ける

男性のAGA専門病院もありますが、女性の薄毛の専門病院も現在では、東京を中心に増えてきています。

生活習慣の改善や、育毛剤を使用しても改善がみられない場合には、無料カウンセリングに通ってみるのも良いでしょう。

専門医師によるカウンセリングで頭皮の状態、個人個人に合った治療法を提案してくれます。

女性の治療方としては、ホルモン補充療法があります。

ホルモン補充療法とは、女性ホルモンのエストロゲンを補充することで、髪の抜け毛や薄毛を改善させる治療法です。

海外では積極的に行われている治療法なので、一度試してみてもよいかもしれませんね。

 

まとめ

50代女性の薄毛は、男性同様に、早めに対策しないと手遅れになる可能性も高くなります。

女性にとって髪の毛が薄くなると気分まで落ち込みますよね。

年齢とともに髪が細くなり、薄くなってしまうことは珍しいことではありません。

そのため、紹介した薄毛対策を試してみて、以前のような健康的な髪を取り戻しましょう。

ストレスが溜まらない程度に、頑張ってみましょう!

 

>>薄毛が怖い人が知らなきゃいけないシャンプーの選び方

驚愕!女の薄毛防止はシャンプー選びでほぼ決まる!

女性の薄毛の原因はシャンプーにあると言われていますが、女性の薄毛の原因はさまざまな要因が重なり合っています。 シャンプー ...

  • この記事を書いた人

coco

Copyright© 沈黙の薄毛 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.