女性の薄毛

驚愕!女の薄毛防止はシャンプー選びでほぼ決まる!

女性の薄毛の原因はシャンプーにあると言われていますが、女性の薄毛の原因はさまざまな要因が重なり合っています。

シャンプーも原因の1つと言えますが、シャンプーを改善しても薄毛が治らない場合があります。しかし、シャンプーを変えたら薄毛がなくなったというのも事実です。

今回は女性の薄毛の原因がたくさんある中で、シャンプーについて詳しくご説明します。

 

女性の薄毛とみられる主なもの

女性の薄毛の原因とみられる主なものには以下のようなものがあります。

  1. 女性の薄毛の原因ホルモンによる
  2. 女性の薄毛の原因血流低下による
  3. 女性の薄毛の原因頭皮が乾燥して硬くなる
  4. 女性の薄毛の原因シャンプーによる

以上のようなものがありますが1ずつ詳しく見ていきましょう。

1.女性の薄毛の原因ホルモンによる

女性の場合40歳後半になると妊娠も終え、女性ホルモンが減少してきます。女性ホルモンが減少し、男性ホルモンが優位になってくると薄毛になる可能性が大きいです。

男性ホルモンのテストステロンは脱毛や薄毛を促す働きをします。人にもよりますが女性が40歳後半になると、更年期障害が起こり女性ホルモンは減少し、さまざまな身体の変化を起こしてきます。

その中に、女性の薄毛が含まれます。加齢などにより卵巣が機能低下すると女性ホルモンが減少して、男性ホルモンが優位にたつからです。男性ホルモンは薄毛になる要因を持っています。

2.女性の薄毛の原因血流低下による

血流低下が女性の薄毛の原因。無理なダイエットや栄養不足、ストレスなどにより血液の流れが悪くなり、髪の毛の細胞のある毛根まで髪の毛に必要な栄養や酸素を届けなくなり、薄毛になることがあります。

血流低下は血管の収縮が正常に作動しないことです。原因は栄養不足やストレス、過労や運動不足などさまざまな要因で起こります。女性の場合は、特に冷えにより血流低下になることがあります。

血管の収縮には自律神経の関与。自律神経はとてもストレスに弱いです。自律神経には副交感神経と交感神経がありますが、これらのバランスが崩れたときに血液の流れが悪くなります。

自律神経のバランスが崩れると男性ホルモンが優位に立つからです。男性ホルモンが優位に立つと薄毛になる可能性が大きくなります。

夜バリバリ仕事をして夜昼逆転した生活を送っていると、男性ホルモンが優位に立つといわれています。薄毛予防には、毎日のライフワークも大事で血流を低下させないことが大切です。

3.女性の薄毛の原因頭皮が乾燥し硬くなる

頭皮を清潔にすることはとても大切です。しかし、シャンプーのやり過ぎは頭皮を乾燥させる原因になり、頭皮が乾燥するとフケが出やすくなります。

頭皮が硬くなる原因は血流の流れが悪い・乾燥・毛穴に汚れが溜まるなどして頭皮が硬くなります。

そのためには、頭皮を清潔にして保湿を十分にし、血液の流れを良くすることが大切です。また、頭皮のマッサージをするのも良い方法です。

4.女性の薄毛の原因シャンプーによる

女性の薄毛の原因に、シャンプーによるものもあります。頭皮は清潔にしないといけませんが、しかし、シャンプーのやり過ぎは頭皮を乾燥に導いてしまします。

また、シャンプー剤のつけすぎ、シャンプーの洗浄剤の強いものは頭皮を乾燥させる原因です。41℃~42℃の温度で頭皮を洗うだけで、ほとんどの汚れは落ちてしまします。

ですから、余り洗浄剤の強いシャンプーは必要ありません。シャンプーを変えるだけで薄毛がなくなったという人もいます。

 

女性の薄毛予防に必要なシャンプーの選び方

女性の薄毛予防には、シャンプーの選び方も大切です。シャンプーには界面活性剤が含まれていて、界面活性剤にはアミノ酸系と硫酸系があります。硫酸系の入ったシャンプーは髪の毛がゴワゴワします。

アミノ酸系の本当に頭皮に優しいシャンプーは、トリートメントをつけなくてもしっとり髪の毛が落ち着きます。そして、頭皮に最も優しいシャンプーで薄毛を気にしなくなったといわれる方もおられるのです。

硫酸系の入ったシャンプーなど保湿を補うために保湿剤として「シリコン」や「合成ポリマー」の入ったものが市販で安く売られています。

このようなシャンプーだとこれらの成分が毛穴に入り込み、新たな汚れとなって普通の汚れより落ちにくくなります。頭皮に保湿は大事ですが、このようなシャンプーを選んでしまうと、知らないうちに頭皮を痛める結果になるのです。

シャンプーの種類

アニオン系界面活性剤の配合されたシャンプー

  • アミノ酸系
  • 高級アルコール系
  • 石鹸系

両性界面活性剤の配合されたシャンプー

  • ペタイン系
  • アミノ酸系

があります。アニオン系界面活性剤は市販によく売られています。両性界面活性剤はベビーシャンプーなどに使われていて、眼に刺激が少ないです。アニオン系界面活性剤のアミノ酸系と両面活性剤が配合されたシャンプーは、どちらも頭皮には優しいです。

女性の薄毛予防に効くシャンプー

アニオン系活性剤の石鹸系と高級アルコール系のシャンプーは市販されていますが、頭皮にはあまりよくありません。そのため、薄毛の予防には使いたくないシャンプーです。

アミノ酸系の特にグルタミン酸系・タウリン系・タンパク質由来系が髪に特によいです。これらの配合されたシャンプーはシャンプーだけでしっとりとしなやかに髪の毛が落ち着きます。

また、このごろは頭皮に優しい漢方などが使われたアミノ酸系シャンプーも売り出されていますので、自分の頭皮に合ったシャンプーを見つけることが大切です。

 

女性の薄毛予防のシャンプーの仕方

女性の薄毛予防にはシャンプーの仕方も大きく関わってきます。シャンプーをするのには、シャンプー前のケアやシャンプー後のケアもとても大切です。それでは、女性の薄毛予防のシャンプーの仕方について詳しご説明いたします。

 

女性の薄毛予防にシャンプー前ケア

女性の薄毛予防シャンプーは、いきなりシャンプーをするのではなくシャンプー前のケアが必要です。ブラッシングを髪にかけ汚れを落とします。

ブラッシングのやり方は、まず毛先の絡みをとかします。生え際から頭頂部に向かってブラッシングをして、後首筋の下から上に髪をとかします。

そのようにブラッシングをすれば、毛穴廻りや皮脂や角質を浮かせることができるので汚れが落ちやすいです。

ブラッシングが終わったらシャンプー前のヘアケア剤で、頭皮をゆっくりマッサージしていくと頭皮に付着した不純物を落とすことができます。ブラシは天然毛などが良いでしょう。

十分にブラッシングとマッサージが終わったら入浴します。入浴することでさらに毛穴が開き汚れが落やすいです。

 

女性の薄毛予防にシャンプーの仕方

まず、シャンプーをつけないで湯洗で汚れを洗い落とします。41℃~42℃のお湯で頭皮を洗うと80%の汚れはこれで落とせます。

シャンプーをワンプッシュ手のひらに載せて泡立。手のひらで濃い泡がたったら頭皮を洗う気持ちで、頭皮をマッサージしながら洗います。

洗ったらシャンプーを残さないようにしっかりと洗い流します。トリートメントをつける人は、髪の毛に付けしっかり洗い流すことが必要です。

洗い流すときの温度は、あまり熱いお湯でなく低い温度のお湯で洗い流します。これは、洗顔と同じで高温度のお湯で洗うと頭皮が乾燥するからです。

38℃前後ぐらいのお湯が良いでしょう。汚れを落とすときは熱いお湯でもよいですが、洗い流すときは頭皮の乾燥をできるだけ少なくするための温度が良いです。

 

女性の薄毛予防にシャンプー後ケア

乾いたタオルで髪の毛をたたくように水分を取り除きます。こすると髪の毛を痛めてしまうので、たたくようにしてタオルに水分を移動させます。

タオルドライしたら美容液タイプの育毛剤を頭皮に塗って、ドライヤーで頭皮全体をまんべんなく乾かすことが大事です。1ヶ所だけ乾かしすぎたりすると、その部分の頭皮が乾燥してしまいます。

熱いお湯で洗い流すのも良くありませんが、ドライヤーで高い温度で頭皮を乾かすのも乾燥させる原因になるのでよくありません。

ドライヤーの温度が60℃以上だと髪のタンパク質が分解しやすいです。そのため、髪を痛めますので60℃以下の温風で頭皮を素早く乾かし、髪の毛もまんべんなく乾かします。

人間の皮膚には常在菌がいますが頭皮にもいます。髪の毛を塗れたままにしておくと細菌の温床となりますので、洗髪したら速やかにドライヤーで乾かすことが大切です。

 

まとめ

女性の薄毛の1つといわれるシャンプーについて今回は詳しく説明してきました。清潔に頭皮を保つため何気なく毎日行っているシャンプーが薄毛の原因だということもあります。

薄毛予防にシャンプーのやり方を見直してみてはいかがでしょうか?皮膚科の先生の中には湯洗でシャンプーをすることを奨励される先生がおられます。

ショートカットなら湯洗でシャンプーするだけで、かゆみもなくなり余分な皮脂も落とすことなく薄毛予防に良いです。湯洗シャンプーも週に何回か取り入れるのも薄毛予防に良いといわれます。一度試してみても良いのではないでしょうか?

  • この記事を書いた人

coco

Copyright© 沈黙の薄毛 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.